日給に関して知っておきたいこと

日給に関して知っておきたいこと

中小企業に多い、日給制度について

就職を希望する場合、どのような給与の支払い形態を選びますか。業種などによっては、日給を取り入れている会社も多くあります。土木や建築業など、現場で仕事をしている職人の方でこの日給での支払い採用している会社が多いと言えます。では、この支払い方法は会社側にとってのメリットとはどのようなことでしょうか。まず、日給の場合はもし従業員が遅刻などを行った場合に賃金をカットすることが可能となります。

月給の場合は仮に欠勤などがあった場合でも1ヶ月分の給与を支払うことになります。つまり、会社側に瑕疵がなくカットすることが出来るということです。この制度を採用した場合、従業員は遅刻や欠勤を行うことを避けるため、当日現場に従業員が来ないといったことを減らすことが出来ます。日給の制度は、基本的には中小企業で取り入れられています。

月給の制度は大企業に多く、実際は日給を採用している会社の方が多いと言えます。企業にとってのメリットが多いこの制度は、従業員教育にも大きな良い影響を与えていると言えます。必ず仕事場に来なければならないという、必要以上に休んでしまう状況を減らすことが出来ます。どちらの制度を取り入れた会社を選ぶかは自由ですが、日給制の会社の方が就職はし易いです。