日給に関して知っておきたいこと

日給に関して知っておきたいこと

看護師の夜勤専従パートの日給

看護師の夜勤専従の日給について、考えてみます。看護師の働き方として正社員ではなくパートとして働く方も多いです。それは、家庭の事情が理由で、パートとして短時間勤務や勤務日数を減らして働いているからであります。その看護師のパートは、主に日勤をイメージをしますが、中には夜勤専門で働くパートもいます。それを、夜勤専従パートと言います。夜勤専従パートの看護師の場合には、日勤よりも日給が良いというメリットがあります。また、人間関係のストレスも日勤よりも減るため、夜勤専従パートは意外と人気があります。

夜勤専従パートの日給は、時給単価が深夜帯なこともあり日勤よりも高額となります。また夜勤手当も付きますので、かなり高額となります。職場によって、この夜勤手当には差がありますが、少なくても日勤の日給よりも良いことは間違いない事実であります。なお、夜勤専従パートには勤務日数が少ないため、日勤よりも一見すると稼げないと考えられがちですが、実際は時給単価及び夜勤手当などを含めると日勤よりも稼ぐことが出来ます。ただ、夜勤専従パートは1日の拘束時間が長時間となりますので、体力勝負なところがあります。ですから、それなり体力に自信がある方でないと、夜勤専従パートは勤まらないことに注意が必要になってきます。